LayerX Labs Newsletter for Tech (2021/05/26-06/01)

Issue #109(Differentially Private SQL with Bounded User Contribution、Enarx)

今週の注目トピック

Takahiro Hatajima(@th_sat)より

row ownershipというconceptを用いたuser-level差分プライバシーを現実化するDifferentially Private SQLについて紹介します。

あわせて、アプリケーションをTEEインスタンスで実行するためのフレームワークEnarxについて紹介しています。

Section1: PickUp

(詳細は記事タイトルをクリックするとScrapboxへ)

Differentially Private SQL with Bounded User Contribution

  • row ownershipというconceptを用いたuser-level差分プライバシーを現実化

  • 単一ユーザーによる複数のcontributions問題

  • GROUP BYキーによる漏洩問題

  • 単一ユーザーによる複数のパーティションに対する複数のcontributions問題

アプリケーションをTEEインスタンスで実行するためのフレームワークEnarx

  • 特定のプラットフォームやSDKに合わせてアプリケーションを書き換えることなく、TEE内でアプリケーションを実行可能なアプリケーションデプロイメントフレームワーク

  • CPUアーキテクチャに依存しないため、同じアプリケーションコードを複数のターゲットに展開することができ、クロスコンパイルやハードウェアベンダー間で異なる認証(Attestation)メカニズムなどの問題を抽象化することが可能

  • 現在AMD SEVとIntel SGXサポート

新規SaaS事業でソフトウェアエンジニアを圧倒的に募集しています!
詳しい情報はこちらをクリック


LayerXではエンタープライズ向けブロックチェーン基盤を基本設計、プライバシーの観点から比較したレポートを執筆し、公開しています。

基本編のダウンロードはこちら

プライバシー編ダウンロードはこちら

Section2: ListUp

1. Bitcoin

Bitcoinハッシュレート、中国の占める割合は50%に低下。米国が12%に伸びたほか、ロシアやカザフスタンといった中央アジア域が6%に

マイアミ開催のBitcoin 2021、12000名の参加申込でSOLDOUT

6/4-6/5のBitcoin Conferenceを控えたマイアミ国際空港

Blockstream Satellite APIで配信されたデータを衛星から受信する!

マルチシグを安全にセットアップするための提案Bitcoin Secure Multisig Setup (BSMS)が、新しくBIP-129として定義された

Bitcoinデザインガイドは、Bitcoinアプリケーションをデザインする際のレファレンスリソース。Square Cryptoが立ち上げたBitcoin Design Communityによる

Rollupで使われる二つの証明方法~Validity proof と Fraud proof~

2. Ethereumなど

L2プロトコルにとってブリッジが重要な理由。ブリッジとしてWBTCやLiquid Network、Polygon Bridge、Rainbow Bridge

Arbitrumについての解説記事。Arbitrumはマルチラウンドのfraud proofを使い偽装取引を検知するのに対し、Optimismはシングルラウンドのfraud proof。

PolygonによるSDKの発表。Multi-chain Ethereumにむけた、Polygonのロードマップの一環で。OptimismやArbitrumと並びL2ソリューションが相次ぐ

DfinityのInternet Computer (ICP)について解説記事。高速なトランザクションを実現するための「Chain Key Technology」など

3. デジタルアセット関連サービス

カーボンニュートラルなBitcoinバックアセットECO BTC(eBTC)。カーボンクレジットのオフセットとBItcoinを組み合わせることで、ESGやサステナビリティにケアした投資を可能に。WrappedがCeloブロックチェーン上で提供

CircleがFidelity・FTXなどから$440m調達。SPAC通じた上場も視野に。USDCのAPIサービス提供ビジネスが成長

Coincheckの第一弾IEO、マンガやアニメ、スポーツ、音楽のための 次世代 NFTプラットフォーム

インド準備銀行、国内の銀行・規制対象組織に対して顧客むけ仮想通貨取引を行わないようにとしてきた通達を無効とする声明を発表

CoinbaseとApple Pay、クリプトデビットカードサービス「Coinbase Card」を米国ユーザーに提供へ

Standard Chartered銀行、BC Groupと提携し欧州で機関投資家向けにデジタルアセット取引サービス

4. DeFi

Makerのマルチチェーン戦略とロードマップ

ArbitrumメインネットへのUniswap v3デプロイに向けた提案とその議論

Yield Aggregatorsと呼ばれるアセットマネジメントプロトコル市場の概況。主力のYearnに加え、Vesperが伸びている他、Badger、Harvest、yAxisといったプレイヤーも

Opium Protocol  、UMA(Universal Market Access)のOptimistic Oraclesを使い、SpaceXのリスクヘッジむけ分散デリバティブ商品を開発

Set Protocol、DeFiアセットマネジメント拡大にむけて$14m調達

ING銀によるDeFiからの学びをまとめたペーパー。DeFiの特性を整理した上でAaveのユースケースについて考察している

Perpetual Protocolについての解説記事。仮想 Automated Market Maker (vAMM)を用いたデリバティブ取引プロトコル

WSJによるDeFi記事

Financial TimesによるUniswapに関する記事

5. 今週のLayerX

先日のLayerX エンジニアブログでは、Vegetaを用いてどのようにAnonifyの負荷テストをしていくかについてお話ししています!

LayerXは、GMOあおぞらネット銀行が提供する法人のお客様向け提携サービス「ビジネスサポートサービス」と連携いたしました!

総務省の令和3年度「電波の日・情報通信月間」表彰において、加賀市様・xID様との取り組みが総務大臣表彰を受けました。

LayerX NOW! #10 「眠れる銭をActivateしよう」アセマネ事業の面白さをエンジニア目線で語る【ゲスト:MDM事業部 サルバさん】| Podcast on Spotify

LayerX CEO福島のインタビューが、日経ビジネスLIVE<若手経営者が明かす、30代までに学ぶ「ビジネスの流儀」>記事になりました!

【新企画】LayerXプロダクトさわらNight #1 【はじめます】

コーポレートDXツール「LayerX ワークフロー」において、Slack承認機能などを通じて、申請から承認までの時間を大幅に短縮する各種機能をリリースしました!日経の記事としてとりあげていただいています。

LayerXの新規SaaS事業(Sales&Marketing)で、インターンを募集しています!

LayerX ワークフローでは、Slack承認に加えて、Word/Excel/PowerPoint/PDF等の添付ファイルを、ダウンロードすることなく確認することが可能となりました!

お問い合わせ・ご相談に向けたコンタクトは、こちらの「LayerX Inc. Contact Form」よりお願いします

Disclaimers

This newsletter is not financial advice. So do your own research and due diligence.